犬アレルギー改善への道!薬をやめて代替療法にチャレンジして大失敗

愛犬が1歳にもならない頃アレルギー症状が出ました。
獣医師のよるステロイド治療を始めたけど、ステロイドをやめるとすぐにぶり返す。

薬で抑えるのではなく根本から治す方法は無いのか?
代替療法に取り組んでみました!

※ 外で遊んでいてもカユカユ勃発中

スポンサーリンク

犬アレルギー症状うちの柴犬の場合

柴犬はアレルギーが多い犬種と言われていますが
我が家の愛犬も、アレルギーになりました。

症状は、体をやたらと掻く
つまり痒いんですよね。

舐めつづける事も多く皮膚が赤くなり毛が抜けました。

掻きまくっていたのは主に足

毛がよく抜けたのは、頭頂部です。

アレルギーがピークの頃は、頭頂部がハゲました。

カッパのように(笑)

まだ一歳未満という一番可愛い幼犬の頃に、カッパのように禿げてしまった愛犬。

不憫でなりません(笑)

かーさんは奮起しました。

犬アレルギーの原因と治療ステロイドは使いたくない

犬のアレルギーの原因ははっきりしていないとされています。

たとえとても綺麗に掃除された清潔な空間で生活をしていても
アレルギーになる子もいるし、ある程度の年齢になって急に発症する子も少なくないと言われています。

スポンサーリンク

アレルギーの種類は、食物アレルギーか、ノミやダニアレルギー、そしてアトピーの3種類があります。

治療法は食物アレルギーならアレルギー療法食にしたり、アレルギーの出る食べ物を排除する

ノミアレルギーは、お散歩から帰ったらブラッシングをこまめにしてノミを払いのける

アトピーは、ハウスダストやダニが影響するため家を清潔に保つ

しかしまずは獣医さんのところに行きますよね。

そうしたら、ステロイドを勧められます。

うちの愛犬は、去勢手術をしていただいた優しい獣医さんのもとで診てもらうと

即座に「ステロイドを使いましょう」と言われました。

使うにあたって、急に良くなったりしてもお薬をすぐにヤメたりしないでくださいね

と注意を受けました。

そうして飲ませてみると

これがもう効くのなんのって!

飲ませたその日からすぐに、体をバリバリ搔きむしらなくなりました。

気になる、頭頂部ハゲもあっという間にフサフサ

あまりに早いので、ヅラでも被ったかのようです(笑)

しかし、ステロイドは急にヤメてはいけないと言われています。

約1ヶ月半ほど飲ませているうちに、だんだん疑問がわいてきました。

「これいったいいつまで飲ませるの?」

見た目はもうすっかりと治っているんですよ。

そんなある日、犬を連れて散歩しているときのこと

ご近所の犬連れの方と犬を遊ばせながら雑談をしているときに

その方の先代ワンちゃんの話題になったんです。

そうしたらその方が言うんですよ

「ステロイド使っていたら内臓が悪くなっちゃって亡くなった」

ひょえーーー。

うちのワンコ今使ってるんですけどぉ・・・

と言うと

「すぐにヤメた方いいですよ、ステロイドは!!」と言うではありませんか。

こりゃ大変だーーー。

犬アレルギーをホメオパシーでなんとかしよう

その日から、犬アレルギーについていろいろ調べました。

最初は代替療法でなんとかしようと考えました。

まず私が取り組んでみようとしたのは、「ホメオパシー」

犬を飼う前に一時期ホメオパシーにはまったことがあったのです。

勉強会に参加したり、自分でセルフキットを買ってみたり。

ホメオパシーは獣医師でも使う人が多いのです。

しかし調べてみたら犬のホメオパシー相談をしているホメオパス(ホメオパシーの専門家)がいました。

ホメオパスは獣医さんでも医師でもないのですが

連れていかなくて良い気軽さと、ステロイド以外で治せたらと思い相談してみることに。

早速相談メールを出し、その後電話で相談にのってもらいました。

経験も多そうだし、すぐにレメディを送ってくれました。

しかし・・・・

このホメオパスさん、ものすごい量のレメディ(ホメオパシーでいう薬のようなもの)を出すのです。

それもポテンシーと言って、希釈率がとっても高いものをどんどん使うのです。

いや、どんどんというか異常なまでに使うのです。

私もほんのちょっとだけ知識があったので、ちょっとおかしいんじゃないだろうか???

と疑問に。

当時ミクシィをやっていて、ホメオパシーのコミュニティがあり
そこで1人の方に直接相談をしてみました。

そうしたら
「そんな危険なホメオパシー! すぐにヤメてください」と言われました。

やっぱりねぇ・・・。

じゃんじゃんレメディを出すホメオパスさんは、日本独自のプラクティカルという流派のホメオパシー団体の方です。
(のちにこの団体のホメオパシーはあちこちで問題になりましたよね)

私はホメオパシー本来のクラシカルという、その人にあうレメディを一種類使うもので治したかったのです。

というわけで、このホメオパスさんとはお別れを・・。

また振り出しにもどりました。

でも私はきっと治してやる!!

そんな熱意に溢れていました。

長くなったので次へ・・・

スポンサーリンク