老犬の夜泣きで飼い主の私のメンタルがズタボロ心療内科へ通う

犬の夜泣きは老犬の介護の中でも最も飼い主を悩ませるものと言われています

夜泣きのストレスから飼い主さんがすっかり参ってしまうことも多いのですが

私も例にもれず、チビの夜泣きがストレスとなりノイローゼのようになってしまいました。

スポンサーリンク

夜泣きのストレスから不安が止まらなくなる

チビの夜泣きが始まり数ヶ月

毎日チビの夜泣きで目が覚めるか、夜泣きが起きるのじゃないかという不安な日々を送っているうちに夜眠ることができなくなってきました

眠れるのは最初の数時間。これが1時間の時もあれば3時間の時もあります。

そこからチビの夜泣きが始まって、寝ついてくれた後もずっと眠ることができないのです

次第に日中も不安感がひどく、ちょっとした音にも過剰に反応するようになりました

チビが吠えるんじゃないだろうか?いつもビクビク
チビの吠え声が隣近所に聞こえているんじゃないだろうか?

不安感とイライラが押し寄せてきて、泣いてばかり

わたしはどうしたら良いの?

家から出るのもすっかり億劫になってしまい、引きこもりのようになってしまいました

食事を作る気力がなくなり、食欲に無くなり一気に3キロ体重も落ちました(これは今ちょっと懐かしい・・・^^;)

これじゃダメだ!!

もう限界だと思ったその日

意を決して心療内科に行くことにしました

まだそれくらいの気力がなんとか残っていたのです

心療内科って、行きつけのクリニックがあるわけじゃないし、口コミで良さそうなところを見つけても、その日にいけるわけじゃないです

予約制だったり、休診だったり

スポンサーリンク

なんとか隣町に良さそうな心療内科がみつかり予約を取って夕方に行く予約が取れた時は、心から安堵

心療内科の診療を受ける

心療内科で問診表に書き込み、チェックシートに自分の症状に思い当たる箇所にチェックをして、診察を受けました

そこで犬の夜泣きがストレスになっていること、不眠が続き不安感が強いのが辛いと医師に伝えると

医師は、さきほどのチェックシートを見ながら、「あなたは鬱ですよ」と言います(いきなりの断言)

ん?鬱ではないよ
口には出さないけど即心の中で反論

鬱は食事に味が無く、朝起きたときから気力がなくて・・・という状態だとメンタル系の本で知って居たから。

私は朝起きたとき

「今日はきっとチビの吠えは無い!」「きっと全てがうまく行く」と毎日希望に満ちていたのです

チェックシートの点数だけで鬱だと決められたんじゃたまらん

さらに医師は
「ワンちゃんずっと可愛がってきたと思うのですが、今はどなたか預かってくれる親戚とか知人は居ませんか?」と言います

あのー先生、そんなことができているんならとっくにやっているし、ここに居ないですよ

という思いを心に閉まっておいて「いいえ、居ないのです」と答え

結局薬が3種処方されました

うち1つは入眠剤

他の2つは憂鬱な気分を改善する作用のある薬と、不安感、緊張、抑うつ自律神経失調症などを改善する薬です。

20代のころ不眠症になったことがあって、その時睡眠導入剤を毎日飲んでいるうちに、睡眠導入剤依存のようになった経験がある私

入眠剤は飲まないと決めて他の薬を飲むことにしました

この2つがまぁ効くんですよ

ザワザワ強かった不安感が飲むとすぐに落ち着いてくるのです

しかも一度に飲むのはたったの半錠

奇跡のような薬です。

あまりに効くので1日3回を1日2回にしました

そうして2週間後再びクリニックに行き

薬がとても合っているようで、強い不安感が軽減されてきたと医師に話したのですが

「しかし鬱だと思うので、半年はしっかりと薬を飲み続けてください」

とまたドンヨリと告げるのです

薬を大量に出さないところはいいけど

ちょっとこの先生合わないかも・・・。

メンタル不調でクリニックに行っているのだけど、そこにさらなる追い打ちをかけられているような気分になるのです。

病院変えようっ!

薬に頼らない治療をする心療内科に出会う

ネットでひたすら心療内科を探しました

病院って数はあれど、いざ自分が通うときにどこへ行けば良いのかさっぱりわからなくなります。

しかしコツコツと探していたら、私の希望にピッタリの心療内科を発見!

薬に頼りすぎずに、薬だけじゃ無く漢方治療もしてくれて、そのほかセラピーなども取り入れているのです。

すぐに予約を取ってクリニックへ行きました

前回の先生と違って、大きな声で元気に話してくれる小柄だけど活力に満ちた先生にホッ

先生に今飲んでいる薬の手帳を見ていただくと

「うん、丁寧に薬をだされている先生ですよ〜。うんうんイイね」

「でもね、僕はどんどん積極的にお薬減らしちゃうの。大丈夫だよ。それであなたの場合はね、一緒にセラピー受けてみない? 良いカウンセラーさん居るから。そうしよっ」

不安系の薬はいきなり止めないほうが良いので、少しずつ減らすように指示をされ

次回からはセラピーも一緒に受けることになりました。

急にお薬をやめてはいけないってことでしたが、私はもともとキッチリと薬は飲んでいなかったのです。

以降もこれはダメだ・・・って調子が悪いときだけ飲みました(コソッ)

カウンセラーさんは何人かいらっしゃってセラピーの手法もそれぞれ違う様子

実は最初に担当してくれた方は、ちょっと違うかな?と感じたのです

優しく親身になってくれているのは伝わるのだけど、おそらくカウンセラーさんになってから日が浅いのだろうな?

とわかってしまう。

良い人だとは思うけど、ちょっと頼りないのです。

また自分の話と置き換えたりするので、どっちが相談をしているのか分からなくなるときも(笑)

担当者は曜日で決まっているので、私が通う日を変えることで違うカウンセラーさんになります

そうして次に担当してくださった方に、助けられることになりました

TFTタッピングセラピーを受ける

新しいカウンセラーさんは、私の話を丁寧に聞いたあとそれではタッピングセラピーというのをやってみましょうか?

と言いました

タッピングセラピーって名前だけは以前聞いたことがあります

米国心理学のパイオニアの一人であったロジャー・キャラハン博士が1970年代の終わりに発見し、
発展させてきた心理療法で、鍼のツボをシンプルにタッピングすることで心理的問題の症状を
改善させていくものです。

日本TFT協会HPより引用

実際に自分がツライと感じている状況や気分をあらかじめヒアリングしていただき

その言葉を口にしながら、身体(鎖骨や手、眉など)をトントンと叩きます

私の場合なら

「チビの吠える声が嫌だ」「チビが吠えたらどうしよう」「不安で仕方がない」

と言いながら、トントントントン

言葉はカウンセラーさんが最初に言ってくれて、その後復唱していきます

最初はちょっと恥ずかしかったりするのですが、次第になんだか調子が出てきて大きな声で復唱していました(笑)

これがどういうわけか、やる前とやった後とでは気持ちの落ち着き方が全然違うのです

沈みがちだった気分が前向きになる、そんな感じ

しかも即効性がある

大きな声を出すことでストレスも発散されていたのかも・・・

カウンセリングもとてもお上手で、安心して話をして聞いてもらうことで気持ちが楽になりました

カウンセリングが終わったあと先生の診察を受けて、そのことを話すと

「だろー? あのカウンセラーさんほんと評判良くってね、うちでもすごい人気なの。良かったねー」って

その後2回タッピングセラピーを受けたところで、カウンセラーさんと院長先生から

「卒業してもいいね」と太鼓判を押していただきました

このクリニックに通ったおかげで、どんどん気持ちが前向きになって元気になりました

また、ちょうどチビの夜泣きがちょっと落ち着いてきたことも、調子が上がってきた要素だったのかもしれません

なにはともあれ、薬漬けになることなく元気になれて良かった

スポンサーリンク