老犬介護施設のワンコたちは可哀想で不憫なのか?認識不足が変化した

老犬介護施設で生活をしているワンコ達って不憫で可哀想な存在なのでしょうか?
私はしょうじき、自分が利用するようになるまでどこか「可哀想な子たち」と思っていました。
しかし現在は・・・というと
全くそうは思いません。 実際に見た老犬ホームのワンコ達とは??

みんな超お利口さんです♪

スポンサーリンク

老犬ホームにいる子は様々

うちの愛犬ように高齢のシニア犬はもちろん多いです。

しかし、意外なほど若い子が多いのです。

なぜ若い子が?

と思ったのですが、それぞれに事情はあり
飼い主さんが海外赴任になってしまった

飼い主さんが高齢になった

親御さんが飼っていたのだけど亡くなってしまった
引き取ったはいいけど先住犬と相性が悪すぎた

以前入所して一度自宅に戻り、再び入所している子

など、様々です。

短期間で入所している子も多いです

若くて元気なワンちゃんたちと触れ合うことも多いせいか
年齢よりずっと元気な子が多い感じ。

老犬ホームの子達はみんなに愛されている

老犬ホームのスタッフさん達は、やはり犬を愛している方ばかりです。

いや、そうじゃないとできない仕事ですよね。

なので、どの子の事もよくわかっていて個性なども熟知

愛犬が入所しているホームは、ワンちゃんがかなり多くいるのに
どの子のことも吠え声だけでわかるほどなんですよ!!

頼もしいです!

スポンサーリンク

日中は、それぞれ相性を考えてドッグランや公園なので遊ばせてくれて

その間も、目配りをしてくれておやつをもらったり。

どの子も愛情いっぱいに飼育をしてもらっています。

大型犬の子もとても多いのですが、
3時間とかかけてシャンプーをしてくださっています。

昨年夏の終わりに停電が数日続いたとき、愛犬のいるホームでは

暑がりの子には水浴びをさせ、小さな子たちはスタッフさん達が

冷房をかけた自分の車に乗せて熱中症にならないようにケアし

1匹も調子を崩す事がなかったそうです。

この時、ガソリンが不足するのでは無いかとあちこちで行列になっていたんですよね^^;

ありがとうございます。

面会に行くと、みんなが元気にワラワラと寄って来て

人生で一番の犬モテ期を体感できます(笑)

みんなにおやつを買っていくのですが

あげるのは難しいんですよね・・・。

大勢いる子がおやつを持っているとわかると
一斉に寄ってきちゃうので、どうして良いのかわからない(笑)

これは、今後練習ですかね。

老犬ホームが近くに無いなどの理由で

遠くから来て居るワンちゃんも居ます。

飼い主さんは面会に行けないことを心苦しく思うかもしれませんが

スタッフさんが可愛がってくれています。

そして他のワンコの飼い主さんが可愛がってくれます。

老犬ホームはみんなでワンコを可愛がってくれる場所だと感じます。

飼い主のもとにいるのとどっちが幸福なのか

「犬は飼い主と一緒にいるのが一番幸せだ!」

これは当然のことでしょう。

こう考える飼い主さんは多いし、またその考えをグイグイ押し付けてくる人も居ます。

でも・・・

様々な事情があり、そこで負担に思われたり
一時期の私のように「早くこの生活が終わってくれないか」

と愛犬の死を願うようになっていたら?

それでも、犬は飼い主と一緒が良いなんて私には思えません。

お互いが疲弊しながらも、家族だからと無理な介護をする。

これは人間の場合でも、問題になっていることです。

状況はずっと同じわけではなく
それぞれの家庭によってベストな環境は違うと思います。

「さいごに」

老犬ホームに実際に預かってもらうようになり
面会の回数を重ねるうちに

老犬ホームの子は可哀想と思う気持ちは無くなりました。

いや、その前にすごい誤解をしていたんだなぁと猛省しました。

「ここに居る子たちは幸せな子だ」

と、いつも感じるのです。

もちろん事前に、そう感じれるところを選んだわけですが^^

老犬ホームに預けるのは可哀想・・・

と思われる方は、信頼できる老犬ホームを見つけるときっとその思いは払拭されると思います。

スポンサーリンク